【注意】ご期待のエロ……ほとんどないですから! ただし、トラウマが発生する場面においては、気分を害するエロの箇所がございます。
回避ルートを設けておりますので、苦手な方は回避ルートへ進んで下さい。

この物語は、群像劇の多視点、たまに、作者視点にぶっ飛びます。あらかじめ、ご理解とご妥協をお願いします。

【あらすじ】
 これは、人の住まう聖人世界にある融合国という国のお話し。
 この国では、魔物の組織と道具を融合して特別な力を与える融合加工技術という技術に長けていました。
 そのなかの古き基本技術を習得した主人公タカト君は、今日も懸命に道具を作っております。
『スカートまくりま扇』とか『美女の香りにむせカエル』とか『裸にメガネ―』とか……もう、名前からして、アホな道具ばかり。
 己が欲望に素直に従うタカト君は、今日も元気に女の子に頭を下げます。
「おっぱい揉ませてください!」
 そんな時、いつも決まってハリセンが落ちてくる。
 ビシっ!
 このハリセンの猛者こそ、我らがヒロインのビン子ちゃん。だけど、実は記憶を失った女神さま。そのため、何の力もありません。その上、胸もありません。ついでに、お金もありません。まさに、貧乏神?
 しかし、今日も今日とて、のほほんと配達に。
 欲に目がくらんだタカト君、くぐるなと言われていた門をくぐります。
 聖人世界と魔人世界をつなぐ門。
 そう、その先は魔人と魔物が住まう世界。
 し~らないっと!

 ここから本当のあらすじだよ!

 獅子の顔の魔人によって家族を殺された幼きタカト。
 その復讐を胸に抱くも力ない自分に悲嘆する。
 仕方ない……相手の素性も分からないのだから……
 そんな現実から目を背けるかのように日々の生活を送る。しかし、運命の歯車は回りだす。
 病気の母を介護する幼女たちには金を奪われ、怒られて。
 老婆の神には、生気を吸い取られヘロヘロに。
 寺で出会った少年とキーストーンという宝を探しに出かけるも、魔物群れの中に置いてけぼり。
 ついには、融合国内に潜む怪しき女に監禁されて、食われそうになる始末。
 だが、それらすべてが、あの獅子の顔の魔人へとつながっていく。
 タカトは、凌辱を受けた元騎士の女とともに、魔人が住むという魔人世界へと入りこむ。
 そして、今、獅子の顔の魔人の正体が白日の下にさらされた。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

804,685

評価pt

518

最終更新日

2021年09月28日 08時00分

掲載日

2020年09月16日 16時30分

この作家の更新小説