実は転生者である。

所謂前世の記憶も持ち、知らない世界の文明などの知識を持った転生者なのだ。
転生者の時代や世界はそれぞれ違ったりするので、ここと似た文明の時代の時もあり、
転生者だからといって、特別な知識を持たない場合もあるのだが。

私は日本という国に産まれ、かなり近代的な文明に触れていた。
専門家ほど造形は深くないが、それなりに年を重ねたある日に天に召され、ここへ転生したようなので、
有り難い知識かどうかはまだわからないが、情報社会だった時代に生まれた為、
この国の文明レベルでも充分に使えそうな様々な知識を持っていた。

さて、この国は30年に一度程度の割合で、転生者が誕生する。
転生者はほぼ記憶を持ち、前世の世界での文明や娯楽をこの国へ報告することで、
国の発展に寄与してきた。

国も転生者に関して、とても厚遇しており、転生者というだけで銀のスプーンをもって産まれてきた。とまで言われるくらいだ。(過去の転生者の前世の国の言葉らしい。意味は、初めから上流階級に産まれる人らに言われる幸せや成功を約束された身分の人を揶揄される言葉である)


私は自分が転生者だとはバレなかった。

この国の侯爵令嬢の一人という事にして日々を過ごした。

公爵家の嫡男に見初められ、ある条件を了承して貰う事で嫁ぐことにした。

この度、たったひとつの条件を破られた旦那様と転生者であることを王家に報告することで、
離縁したいと思います。

お元気で、旦那様。

ジャンル

恋愛

作家

iBuKi

キーワード
ブックマーク登録

5,931

文字数

71,106

評価pt

1,467,804

最終更新日

2020年10月26日 01時28分

掲載日

2020年10月02日 13時35分

この作家の更新小説