子爵家の令嬢であるクロエは、仕える身である伯爵家の令嬢、マリーに頭が上がらない日々が続いていた。加えて、母が亡くなって以来、父からの暴言や暴力もエスカレートするばかり。
「ゴミ、屑」と罵られることが当たり前となっていた。

そんな、クロエに社交界の場で、禁忌を犯したマリー。
そして、クロエは完全に吹っ切れた。

「私は、屑でゴミですから、居なくなったところで問題ありませんよね?」
これで自由になれる。やりたいことが実は沢山ありましたの。だから、私、とっても幸せです。

「仕事ですか?ご自慢の精神論で頑張って下さいませ」

ジャンル

ファンタジー

作家

華原 ヒカル

キーワード
ブックマーク登録

10,068

文字数

20,653

評価pt

2,469,745

最終更新日

2020年10月30日 09時32分

掲載日

2020年10月10日 20時10分

この作家の更新小説