牛丼屋でアルバイトする売れない作家の男。逆転劇を模索しつつも、開かれない未来に辟易する毎日。小説家として自立出来ないのは、芸能人のように話題性がないからだろうか? 芸能人が書いた本なら、黙っていても売れてしまう・・・。
 そんな男が話題性を持ち、某文学賞を受賞し、一気に大成する。しかし、その先にあるものとは・・・。

ジャンル

文芸

作家

花子出版

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

61,582

評価pt

0

最終更新日

2020年10月31日 08時27分

掲載日

2020年10月12日 07時00分

この作家の更新小説