「聞こえなかったかね? 君はクビだと言ったのだよ、ユキアくん」

宮廷テイマーとして国に仕えていたユキアは、ある日突然解雇を宣告される。
さらに国家を欺き続けた濡れ衣まで着せられ国外追放処分、暗殺者に追われる事態になってしまう。

「私は代々受け継がれてきた使い魔たちのテイムを行っております。私が任を解かれれば、竜や魔獣は抑えが効かず飛び出すでしょうし、馬なども言うことを聞かなくなるかと」
「でたらめを言うな!」

説得虚しく国を追い出されるユキアは家族とともに北の未開拓領域を目指した。

「ちょっと不便かもしれないけど、色々テイムして整備していけば未開拓の森も過ごしやすくなると思うから」
「わかってますよ。兄さんならそのくらいやることは」

母と妹、従者のロビンさんとともに新天地を目指して走り出す。
そこでユキアは様々な生物をテイムして使い魔の楽園を築き上げていく。

一方ユキアを追い出した貴族たちは、ユキアの宣言どおり言うことを効かなくなった宮廷の生物たちに大損害を与えられ大目玉を食らうことになる……。

これは国を陰ながら支えていたテイマー一族が自由を得たことで世界を巻き込んでいく事態に発展する物語。

ジャンル

ファンタジー

作家

すかいふぁーむ

キーワード
ブックマーク登録

5,819

文字数

30,056

評価pt

1,105,280

最終更新日

2020年10月30日 22時52分

掲載日

2020年10月12日 18時00分

この作家の更新小説