人間ドックでの結果でPSAが10.8だったので、前立腺ガンの疑いが有るので生検をした方が良いよと言われ、2ヶ月前に1泊2日の検査入院で調べる事にした。
検体採取後に微熱と排尿障害が出て数日入院する事になり、二人部屋だが横のベットは空いており、導尿してくれた看護師の恵子(30才)が、小生の大きな亀頭部を見て驚いているのが分かったので
「どうかしました」
と聞くと
「何でもないですよ」
と言って病室を出ていった。

ジャンル

エッセイ・ノンフィクション

作家

メトロ

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

778

評価pt

0

最終更新日

2020年10月18日 03時32分

掲載日

2020年10月18日 03時32分

この作家の更新小説