「シャベル」またはショベルは、土砂、石炭、砂利、雪などの粗い粉状の素材を持ち上げて移動させるための道具であり、柄と柄の先端に取り付けられたスプーン状の幅広の刃からなる漢字では円匙と書き、「えんし」または「えんぴ」となる

それを用いて
30前のおっさんがなんとか

生き抜くいていく、たまにおっっと
もう面倒くせ

とぼやき、進んでいく物語。

時代は、和國と呼ばれる、日本のようでそうではない感じさせ・(エルフ耳、ロリババ、ドワーフなど、)
さまざま人種がわきあい愛としているパラレル感のある惑星

文字数

565

評価pt

0

最終更新日

2020年10月18日 06時00分

掲載日

2020年10月18日 06時00分

この作家の更新小説