これは、僕の思考だ。夢想。なんの実体もないような、価値も、意味もないような、そんな個人の心の中だ。
つまり……少なくとも、これを読むことは、人生の貴重な約50億秒(うろ覚えだ)の内の幾らかを浪費することに他ならない。
……ああ、明るくない話だ。気分を害する可能性が多分にあるから、それだけ注意してくれ。

ジャンル

その他

作家

Aluluna

キーワード
R15
ブックマーク登録

0

文字数

3,905

評価pt

0

最終更新日

2020年10月18日 06時25分

掲載日

2020年10月18日 06時25分

この作家の更新小説