吉澤先生の可愛い文鳥が、ある日逃げ出してしまう。
文鳥を保護してくれていた、綺麗な女性にときめいた吉澤先生。
しかし、実はその女性は吉澤先生の学校の生徒だった。
果たして2人の恋の行方は・・・?

文字数

90,350

評価pt

6

最終更新日

2020年12月17日 21時35分

掲載日

2020年11月11日 17時54分

この作家の更新小説