突如として現代から中世風のテンプレ的異世界に飛ばされた野沢英吉は、彼を呼び出したというナローウ・カクヨム・エブリスータⅤ世に「お主等はこの世界に来る前に最後に読んだ書物に関する特殊能力を授かった。」と告げられる。
彼以外で異世界に喚ばれた西京勇者、藤井寧子、鹿眼マドカらが最後に読んだのは、それぞれ某有名RPGドラゴンファンタジーの攻略本、医学書、そして黒魔術大全集だという。ここまでくればもうお約束と言わんばかりの組み合わせだ。
そして、召喚される2日前に彼はドラゴンストーンというバトル漫画を読んでいた。
しかし、なんの因果なのか呼ばれる寸前に彼が最後に目にしたのはネットで流行りのクソ小説、追放されたからハーレム作ることにしました。〜今更謝ったって許しません〜というふざけたネット小説だった。そんなことを言えるはずもなく、異世界ファンタジー小説を読んでいたと伝えた彼は仲間たちとともに旅に出る。そこで彼に起こったある悲劇が引き金となり、ツイホー大陸を揺るがす大事件が引き起こされて‥?

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

エスプレッ素

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

497

評価pt

0

最終更新日

2020年11月17日 01時50分

掲載日

2020年11月14日 16時45分

この作家の更新小説