都市国家アガマサラ市に住む16才の令嬢マキハタヤ・マリカは、4人のチンピラに拉致され輪姦された。

ところがアガマサラ市は法制度が理不尽だったので、被害者のはずのマリカが罪人として流刑地に送られてしまう。

さらにマリカの素敵な婚約者がマリカとの婚約を破棄し、有名女優と婚約し直す。 マリカは輪姦で純潔を失ったうえ今や流罪人だから、婚約者を責めるのはお門違いだけれど...

世間知らずのお嬢様マリカは犯罪者がひしめく流刑地をいかに生き延びるのか!? 理不尽な法制度や流罪の不平等にザマぁできるのか!?フィアンセを責めるのは果たして本当にお門違いなのか!?

(性行為の直接的な描写はありません。 残酷描写も、ほとんどありません。 戦闘シーンはあります)

ジャンル

ファンタジー

作家

好きな言葉はタナボタ

キーワード
ブックマーク登録

7

文字数

55,252

評価pt

5

最終更新日

2020年11月29日 10時40分

掲載日

2020年11月21日 13時13分

この作家の更新小説