大和 守(ヤマト マモル) 30歳は平凡ながらも幸せな人生を送っていた。そんな中、突然の事故に合い、最愛の人を亡くしてしまう。

「こんな世界なくなってしまえ」

 失意のどん底で生後間もない娘と1匹の犬と共に異世界に転移する。
 これは異世界という過酷な環境の中、子育てに奮闘する男とその娘の物語である。
 
 前半は育児とスローライフがメインで、後半になろう小説冒険活劇ファンタジーものになる予定です。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

260,935

評価pt

110

最終更新日

2021年08月27日 08時00分

掲載日

2020年11月21日 23時26分

この作家の更新小説

  • かまくらトンネル 葉山 友貴

    ある雪の日、少年サトシの不思議な体験。子供の頃、誰もが経験したことがあるような、いつの間にか忘れてしまったようなお話。※「冬童話2021」の投稿作品です。