気が弱く、自分の気持ちを表に出せない為に三十四年間彼女のいなかったツカサは、十年ぶりに親友ユウタとその妹マイに再会する。

大事な妹にとっての『もう一人の兄』として接する事をツカサに願う兄ユウタ。しかし幼い頃より十歳上のツカサに『良く遊んでくれるお兄ちゃん』以上の想いを秘めていた妹のマイは、再会をキッカケに告白。気持ちの昂った二人はその日のうちに肉体関係を持ってしまう。翌日、マイと付き合う事をユウタに打ち明けようとしたツカサは、ふとしたタイミングのズレから言い出せなくなり、ズルズルと秘密の関係を続けることになってしまう。それがいずれ巻き起こる大事件の引き金となってしまう事も分からずに。

旧題 『合法的な妹』
いつも本作品を読んでいただき、ありがとうございます。

一度、完結した初稿にあたる十三部分までの話を『長いあらすじ』としております。読み飛ばして一章から読み始めても全然構いませんが、結末までの話の流れはそのままに、新キャラが加わる事でより複雑になった物語を楽しめるかと思います。
エッチシーンには♡付いてます。

一般的な定義とは違い、物語に登場する『妹っぽい性格の女の子』達のことを作者が勝手に『義妹』と総称しております。ツカサくんの「挿入してなきゃ浮気じゃ無い」という考えも含め、迫る女の子達とのギリギリの関係を楽しむ勘違いラブコメの様相を呈しておりますが、ラスト辺りは切なくなる様に頑張って書き続けていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

その他

作家

道楽もん

ブックマーク登録

196

文字数

221,976

評価pt

462

最終更新日

2021年07月23日 12時08分

掲載日

2017年12月07日 17時01分

この作家の更新小説