【書籍化&コミック化進行中】
子爵令嬢プリシラの姉は絶世の美女のアマーリア。
アマーリアは第三王子であるレオカディオと婚約が内定するが、婚約発表の場であるはずの夜会で、隣国の王子ウィルフレドと恋に落ちてしまう。
その場を取り繕うため、急遽プリシラがレオカディオの婚約者になることに。

「お気の毒に……」
「なんでだ」

しかしある日、隣国に行ったはずのアマーリアが、なぜかウィルフレドとともに帰ってきて?

プリシラとレオカディオ、急造の婚約者になった二人が、それでも仲良くやっていく物語。

「蒼玉泥棒に容赦はしない」
「あの、無理なさらないで」
「必ず守る。私の、蒼玉」

※ 2021/5/7、番外編も完結しました。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

182,660

評価pt

67,832

最終更新日

2021年05月07日 18時05分

掲載日

2020年11月23日 22時09分

この作家の更新小説