自由恋愛が主流の現代社会には珍しい許嫁がいる少年文月七織とその相手の天彦美星。
この二人は生まれた頃から一緒に育ち、愛し合っていた。しかし、年月が経つにつれ周囲からの目が嫌になった。それが顕著に出だしたのは去年。中学卒業間近だった。
容姿端麗で成績優秀。加えて運動能力も高い美星と容姿も勉学も端がない七織。
街を歩いても周囲からの蔑みの目が刺さり、自信喪失。彼女に釣り合いたいと思うようになった。その一方で美星は彼に上を向いて欲しいと思う。互いに好きだからある苦悩と後悔を繰り返して導くものは正しいのか……。
高校に進学し、過去から逃げるように地元を離れ、約一年。高校生の中でも多感な高校一年生末からの話。
一六歳から一七歳、更には一八歳。大人に近づく彼らはどこに辿り着くのか––

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

9,326

評価pt

0

最終更新日

2020年12月20日 16時21分

掲載日

2020年12月18日 00時14分

この作家の更新小説

  • 保健室の住民 九十九零

    自分に向けられた好意に答えを出す。今も忘れられない初恋の相手。そんな青年、東雲翼は変われずにいた。だからあの人と過ごした短い日々の詰まったこの場所から今も離れられなかった。私立紫檀高等学校、それは...

  • 夏の太陽が沈む時 九十九零

    嘘を吐けば存在が嘘になる世界。そんな世界で生まれ、嘘なんて不必要だと思った。でも、気付けば吐いていた。「アナタが好き」たった一言を躊躇って吐いたその嘘は良くも悪くも自身に変化を与えた。しかし、嘘を...