ハーフエルフであるがゆえ、一族からいない存在とされているルーリアは、幼い頃に最凶の邪竜にも呪われてしまう。隠し森で父親とひっそり暮らしていたが、それもほぼ幽閉状態。そんなルーリアが少しずつ幸せを手に入れ、成長していく物語。~竜の呪いを解くまで。

【あらすじ】

万能回復薬とも呼べる、高価な『魔虫の蜂蜜』。ハーフエルフの少女・ルーリアは、その蜂蜜屋の看板娘だった。
とは言え、生まれてから一度も外の世界を見たことがなく、暮らしぶりも田舎の農家そのもの。森から出ることも許されず、父親と養蜂業を営みながら、ひっそりと隠れ住む日々を送っていた。

さらにルーリアは幼い頃に竜の呪いを受けてしまい、成長できずにいる。ずっと少女の姿のままだった。

そんなある日、ルーリアの父親がケガを負って道に迷っていた人族の商人たちを家に連れ帰ってくる。
商人たちには出来るだけ近付かないように、と言われていたルーリアだったが、偶然、その内の一人の秘密を見てしまうことに。助けた少年は人族ではなかったのだ。

その少年は背中に大きな翼があり、天使のような美しい姿をしていた。
少年はルーリアに問いかける。『ここから出たいか?』と。これがルーリアにとって、運命の出逢いだった。

しかし邪竜の呪いにより、いずれ必ず魔王の元へ導かれる宿命にあるルーリアは……。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

1,088,373

評価pt

692

最終更新日

2021年09月27日 08時27分

掲載日

2020年12月29日 12時39分

この作家の更新小説