《大正ロマン》忍び少女×冷酷軍人 不器用な独占欲は痛くて苦しくて、少し嬉しい。

明治後期から大正時代の日本。
主人公の美緒は主君である伯爵令嬢の身代わりとして、冷酷無慈悲と恐れられる帝国陸軍人、東堂園悠臣に嫁ぐこととなる。

悠臣は夜叉の子ではと噂されるほどの冷血漢で、美緒にも鬼畜な振る舞いばかりをする。
だがその行動の裏に、美緒は悠臣の本性を見いだして――。

不器用な二人が、様々な陰謀を乗り越えて、本当の夫婦になるかもしれない話。

※この短編は本編『身代わり花嫁は身命を賭して』の十ヶ月後、お正月の朝に関する短編です。
本編を読んでいなくても分かるようにしてあるので、もし良ければ読んでください。
一難去った後なので、不器用なりに甘めです。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

はなぶさ しゅう

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

6,447

評価pt

0

最終更新日

2021年01月01日 17時08分

掲載日

2021年01月01日 17時08分

この作家の更新小説