八俣竜司、56歳。

 男は異世界アゴログンドに転生し、絶滅の危機に瀕する竜族を救う使命を与えられた。
 幼い頃からの恐竜好きが高じて30年飼育員を勤めた動物園で、チュウゴクワニトカゲのジュンコ(♀)がある日突然喋り出し、アゴログンドの同胞を救ってほしいと頼み込んできたためだ。

 そのとき男は末期ガンによる死の淵にいた。どうせこのまま死ぬのなら、我が子のようにかわいがってきたジュンコの願いを聞き入れるのも悪くない。そう決意した男は転生し、ひょんなことから出会った半人半竜の少女と共に、アゴログンドの竜と人類が共存する道を探し出す。

 そう、竜専門の動物園──〝ドラゴン・パーク〟で!

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

200,235

評価pt

116

最終更新日

2021年07月25日 18時10分

掲載日

2020年12月31日 00時13分

この作家の更新小説