転生した先の世界のどこかにある「禁書」の翻訳を、神様から無報酬で依頼された男爵令嬢のユディ。容姿も学問もすべてがそこそこ、婚約者にもいきなり婚約破棄を告げられてしまう。しかし、その直後に知り合った、不思議な仮面をつけた少年ハルとの出会いが、ユディの運命を変える! 魔力の宿ったハルの声を封じるために、神様からもらった不思議なペンと、翻訳者だった前世の知識で魔法の喉飴を改造したらうまくいったんだけれど、あれ……、急に天才扱いされている……? 語学だけが取り柄の、真面目な翻訳オタクのはずが、王城の文官を目指すことになったり。かと思ったら、魔道士団にスカウトされそうになってる!あちこち脱線してるけど、禁書の翻訳依頼を忘れたわけじゃないからね、神様!※毎日(できたら)投稿しますのでぜひ読んでいただけたら嬉しいです。一応、きりのいいところまでは完結してますので、安心してお読みください。※1話2000~3000字です。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

ちぴーた

キーワード
ブックマーク登録

18

文字数

55,748

評価pt

4,118

最終更新日

2021年01月17日 18時10分

掲載日

2021年01月09日 08時24分

この作家の更新小説