──私が君を愛することは、ない。

 クロアには前世の記憶がある。前世の記憶によると、ここはロマンス小説の世界でクロアは悪役令嬢だった。けれど、クロアが敗戦国の王に嫁がされたことにより、物語は終わった。
 そして迎えた初夜。夫はクロアを愛せず、抱くつもりもないといった。
「イエーイ、これで自由の身だわ!!!」
 クロアが喜びながらスローライフを送っていると、なんだか、夫の態度が急変し──!?
「初夜いった言葉を忘れたんですか!?」

ジャンル

恋愛

作家

夕立悠理

キーワード
ブックマーク登録

10,545

文字数

14,932

評価pt

2,122,535

最終更新日

2021年01月21日 23時26分

掲載日

2021年01月09日 23時31分

この作家の更新小説