【第二章完結!】

膨大な魔力を持つアレクシスは、勇者の生まれ変わりだと言われていた。
だが、簡単な初級魔法すら使えず、次第に周囲の反応は冷たいものとなっていく。

魔力だけはずば抜けているので、無理やり魔法学園に通わされていたが、いつまでたっても魔法が使えるようにならず。
あげく無能のレッテルを張られ、最後は王国から追放されてしまった。

しかし、アレクシスは魔法が使えない訳ではなかった。
魔力消費量が膨大で、普通の人間が使えば死んでしまう【禁術魔法】の使い手だったのだ。
死の淵に瀕して覚醒したアレクシスは、異次元の超火力禁術魔法で襲いかかってきた敵を一撃で葬り去る。

才能を買った帝国に超待遇で雇われ、アレクシスは新たな人生を歩み始めた。

え、魔王が復活して王国が大変だから今さら戻ってきてほしい?
もう遅いので帝国の植民地にでもなりますか?
無能だと思ってアレクシスを追放した王国は絶望的な窮地に陥り……。
※30話で植民地化します。

これはうっかりドラゴンを飼いならしたり、可愛い女の子に襲われたりしながら奮闘する、ちょっとエッチな魔王討伐物語である。

文字数

225,152

評価pt

2,688

最終更新日

2021年03月05日 12時01分

掲載日

2021年01月13日 18時20分

この作家の更新小説