優斗には弟がいる。よく学校を休む、背の低いやせっぽちの弟だ。友達と遊びに行くのに、弟は邪魔になるといつも思っていた。ある夏、優斗は弟と約束した。絶滅した鳥を見つけると。次の年は、『あめふらし』という、よく分からないものを捕まえると言った。けれどどちらも見つからないまま、優斗は家族で大島へ出かける事になった。そしてそこで優斗は弟と白い花を探す事になる。

ジャンル

文芸

作家

昼咲月見草

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

10,342

評価pt

0

最終更新日

2021年01月14日 04時00分

掲載日

2021年01月14日 01時00分

この作家の更新小説