高校2年生の天音奏多は新学期から転校してきた超絶美少女望月杏那と隣の席になる、友達も友達と呼べるのかもしれないレベルの奴が1人のやつが困ったら俺を頼れよなんて調子に乗ったりして家に帰るとなんとそこには望月と望月の母親の姿がすると母親から一言「杏那ちゃんは実はあなたの許嫁なのよ」その一言でノックアウトしてしまった俺は意識がぶっ飛びその場で倒れてしまう。ひねくれ者の天音奏多と超絶美少女望月杏那の2人が送る現代版ひねくれ学園バラエティー(?)らしい

ジャンル

文芸

作家

春音

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

4,374

評価pt

0

最終更新日

2021年01月15日 16時13分

掲載日

2021年01月14日 04時13分

この作家の更新小説