【2022年8月5日(金):コミックス第1巻発売】
【それに伴い、3章前半の更新を開始しました。隔週金曜日更新。3章後半の完成後に前半既投稿話の改変を行う可能性がありますので、あらかじめご了承ください】

「俺なんて剣を振るしか能がないから、ひとりで迷宮に突っ込んだりしたら、二度と出てこられないかもしれないぞ。はは」

 Sランクパーティに所属する主力剣士・ジルは最高難度迷宮の攻略中、すったもんだあった末にたったひとりで置き去りにされてしまう。
 ただでさえ致命的な方向音痴のジル。そのうえ普段かけていた眼鏡がメッタメタのズッタズタに破壊され、もはや自力で地上に戻れる見込みは爪の先ほどもない。どう考えてもその場で救助を待つほか活路はない。

「ふっ……。口ほどにもないな、最高難度迷宮……!」

 しかし方向音痴に特有の根拠のないトンチキ自信と卓越した剣の腕を武器にジルは進む。ずんずん進む。書物に残された歴史上、まだ誰も踏み入ったことがないはずの領域をガンガン進む。途轍もない力を持つ魔獣が出てきてもよく見えないままズバズバ斬って捨てる。
 やがて現れる似たような方向音痴ども。
 徐々に姿を現し始める迷宮の本当の姿。
 そして訪れる「もしかして俺って何ヶ月もかけて出口から遠ざかってないか?」という悲しい気付き……。

 一方地上では、彼を捨てて行った冒険者パーティにも不穏な空気が立ち込めて……?


 そんな感じの準最強主人公系ファンタジー。


*コミカライズしました:ムロコウイチ先生によるコミックス第1巻は8月5日発売、『マンガUP!』様で連載中、『ガンガンJOKER』様で出張掲載中です。
*書籍化しました:SQEXノベル様から既刊2巻です。

*また、書籍化に伴い(2021年06月11日)改題しました。
旧題:最高難度迷宮でパーティに置き去りにされたSランク剣士、本当に迷いまくって誰も知らない最深部へ……。~「戻ってこい」と言われてるかどうかもよくわからない。俺の勘だとたぶんこっちが出口だと思う~

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

quiet

キーワード
ブックマーク登録

24,461

文字数

293,110

評価pt

135,052

最終更新日

2022年08月05日 17時16分

掲載日

2021年01月16日 19時29分

この作家の更新小説