ロンバルド王国の第三王子アスルは、自身の研究結果をもとに超古代文明の遺物が『死の大地』にあると主張する……。

 しかし、父王たちはそれを「気が触れている」と一蹴し、そんなに欲しいならばと手切れ金代わりにかの大地を領地として与え、彼を追放してしまう。

 だが……アスルは諦めなかった!

 それから五年……執念で遺物を発見し、そのマスターとなったのである!

 かつて銀河系を支配していた文明のテクノロジーを駆使し、彼は『死の大地』を緑豊かな土地として蘇らせ、さらには隣国の被差別種族たる獣人たちも受け入れていく……。

 後に大陸最大の版図を持つことになる国家が、ここに産声を上げた!

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

416,936

評価pt

15,090

最終更新日

2021年09月18日 07時09分

掲載日

2021年01月19日 08時35分

この作家の更新小説