31歳童貞社畜の俺が異世界転生して姫になり、王になった育ての息子に溺愛される??

前世の記憶を残しながら、セレバンティウス公・第一皇女ティアラとして異世界で転生した深町輝は、妹よりまつ毛が長いという理由で婚約破棄を言い渡され、更に妹ソフィア姫を冒とくした罪でエイトの森に捨てられる。そこは人を食らうという銀の龍(シルバードラゴン)が生息する死の森であり、数々の魔物が住むという。銀龍に連れ去られたティアラは辺境の地を治める獣人王ローズベルト・ウィリアム・ディ・アンドレ・ジョシュアの花嫁として迎えられる。

文字数

134,537

評価pt

47,266

最終更新日

2021年04月20日 12時28分

掲載日

2021年01月22日 14時11分

この作家の更新小説