【試し読み用、本編の一部】
 とある新宗教に属する信徒たちが、とんでもない儀式を敢行しようとしていた。
 千夜一夜物語に語られる、ソロモン王が鬼神《イフリート》を封印した真鍮の小瓶。それをサルベージ船が海底から引き上げネットオークションに出品していたものを、教団のほぼ全財産を費やして教祖が買い取り、この儀式の場で開封しようとしていたのだ。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

碧美安紗奈

キーワード
ブックマーク登録

2

文字数

46,130

評価pt

0

最終更新日

2021年02月28日 03時10分

掲載日

2021年02月13日 10時38分

この作家の更新小説