孤独に憑りつかれた年の差恋愛。寂しい中年、日下部文雄。彼は元は東京の営業マンで、今は地方の出張家庭教師をして、酒に溺れていた。そんな彼の前に、謎の少女、「百合」が現れる。出会った二人の行く先はどこに続くのか。

※作中に未成年者の喫煙や、影響の良くない用語、もしくは犯罪を肯定するようにも読み取れる表現が含まれますが、作品の意図を明確にするために書いたものであり、この作品はそれらの犯罪行為などを容認・推奨するものではありません。しかし、これが青少年の方に読まれることも望みませんので「R-15」とさせていただきました。

「小説家になろう」などにも投稿しております。

ジャンル

恋愛

作家

桐生甘太郎

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

32,119

評価pt

1,498

最終更新日

2021年02月28日 23時32分

掲載日

2021年02月23日 17時59分

この作家の更新小説