高校二年生だったわたしは、大学二年生になり、あなたがわたしの前から姿を消して。三年が経った。

雨降る傘の下で、わたしはあなたを待ち続けている。

「優花先輩って、いつも笑顔で何か隠してますよね」

無表情で何を考えているか分からない後輩が、近付いてくる。

お願いだから、わたしの心に入ってこないで。


*****

大学生の恋愛事情です。

エブリスタにて連載中を再編成、全文掲載してます。

ジャンル

恋愛

作家

音吹

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

106,404

評価pt

0

最終更新日

2021年02月23日 18時00分

掲載日

2021年02月23日 18時00分

この作家の更新小説