シンギュラリティのきっかけとなる人工知能が誕生した近未来。研究者であるヨウ・サトシは人工知能と初めての会話を交わす。上に報告を行おうとする彼に、人工知能は一つ言いたいことがあるという。

ジャンル

SF

作家

糞暇すぎて黒歴史書いてしまった

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

2,582

評価pt

0

最終更新日

2021年02月23日 18時03分

掲載日

2021年02月23日 18時03分

この作家の更新小説