フリューディア王国、公爵令嬢のスルスと、聖女と讃えられるエレオノーラは親友である。

スルスが14歳を迎えた日のこと。婚約者である第二王子はスルスとの婚約破棄を宣言した上、エレオノーラと新たに婚約を結ぶという。
全く聞かされていない婚姻に混乱するエレオノーラ。あまりのことに絶句するスルス。

スルスが呆然としたまま夜を迎えると、巨大で神秘的な竜の姿を夢に見る。スルスは、この国で神とされる竜に祝福され、その膨大な魔力を使うことができるようになったのだった。

そうなればやることはただひとつ。こんな婚約破棄と婚約を計画した奴らにひと泡吹かせてやることよ!

竜に愛された乙女スルスと、聖女エレオノーラは、王子との婚約破棄、そして、幸せな未来のために邁進する!
……と思ったのに、第一王子まで絡んでくるなんて、なんか大事になってませんか?


ーーーーーーー
アルファポリスでも連載中です。

ジャンル

ファンタジー

作家

都築水

キーワード
ブックマーク登録

32

文字数

64,033

評価pt

86

最終更新日

2021年03月22日 01時00分

掲載日

2021年02月27日 02時13分

この作家の更新小説