ある日起きたら、世界は一変していた。人を襲う化け物たちに、それから必死になって逃げる人々に、自分の内側から湧き上がってくる使命。

さあ、集おう。“彼”のもとに。

さあ、尽くそう。“彼”のために。

さあ、捧げよう。世界を“彼”に。



彼の元で過ごすことこそが、私たちにとって、この上ない幸福なのだから。






ゾンビ的なものになった主人公が積極的に人類を潰そうとする話です。足りない脳汁をアルコールで補完しているので、誤字脱字等あればお願いします。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

エテジオール

キーワード
ブックマーク登録

22

文字数

179,283

評価pt

17

最終更新日

2021年06月05日 12時01分

掲載日

2021年03月03日 02時57分

この作家の更新小説