温暖化を阻止するための「温暖化冷却装置」通称メサイアの暴走により大陸全土が凍結し、生き残った人類は人類最後の都市エルザスで暮らしている。エルザスは「上層階」と「下層階」に国が違うレベルで分割され、互いに憎みあっていた。エルザスの二十本ある「ホール」と呼ばれる居住区で構成される「下層階」に暮らしている冷静そうに見えて実は熱い男ダンとお調子者のマルコは貧困ながらも飛行車マシンレースに参加する。
不幸にもレース中に「上層階」にマシンごと墜落したダンとマルコは、闇医者に助けを求めるが闇医者は自分の肉体を死体とくっつける手術を行おうとしていたり、少女監禁を疑いたくなるような変態だった。

ダンは親友の死をきっかけに、選民思想の上層階との戦いに巻き込まれていく。やがて明らかになる闇医者の秘密と、氷の世界の謎が繋がったとき「上層階」へ向けて革命がはじまる。

近未来SFファンタジー異能力バトル! ときどき純愛、兄弟愛!
サイバーパンクな世界観と、ガジェットのオンパレード! ハリウッド的大団円を刮目せよ!

ノベルデイズでも投稿しております。

ジャンル

SF

作家

影津

キーワード
ブックマーク登録

28

文字数

135,421

評価pt

21

最終更新日

2021年04月08日 12時22分

掲載日

2021年03月15日 22時02分

この作家の更新小説