見上げるほどの大樹と国家には、共通点がある。長い時を経れば経るほど、内部が腐ってくるのだ。
 千年続いたその国家も、官は腐り民は疲弊し、斜陽の時を迎えようとしていた。
 そんな王国の中心地、王都に一人の若い男がいた。彼の名は、ファンオウ。地方領主の三男坊として、医学を修めつつ暮らす彼の元へ、一つの報せが舞い込んだ。領主一族が病死を遂げ、ファンオウは領主として辺境へと赴くこととなる。

 この物語は、のほほんとした医師領主ファンオウが殺伐とした世界へ癒しを齎す、そんなお話である。

文字数

453,584

評価pt

438

最終更新日

2019年12月17日 22時25分

掲載日

2017年08月06日 15時42分

この作家の更新小説