「まるで子供の頃好きだった、お母さんみたいじゃないか……」
今じゃ疎遠になってるけど……

お母さんの事……大好きな時代もあったんだよなあ……

仕事のストレスに押し潰されそうになった男がたどり着いたのは、社会人の駆け込み寺「大人幼稚園」だった。
ここでは、誰もが童心に帰り、社会のしがらみから解放された時間を送っていた。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

文芸

作家

黒羽 美雨

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

4,513

評価pt

0

最終更新日

2021年03月29日 17時07分

掲載日

2021年03月29日 17時07分

この作家の更新小説