辺境の村の孤独な狩人が、ある日突然勇者に選ばれる。重い使命に戸惑う彼にはしかし、故郷では望んでも得られなかった「仲間」ができた。

 階段を下りるだけで力尽きる神官、ぼんやりの限度を知らぬ魔法使い、生まれて初めて楽器を触る吟遊詩人、賢者は強力な魔術師……ではなく、森の塔に引きこもりの学者さん──えっ、もしかしてこれ、俺が一人で全員守るのか? 

 暗く淀んだ世界を敵に追われながら笑って旅する、異色の英雄譚。 


◇完結まで 毎朝7時までに更新◇ 

※カクヨムにも掲載しています。向こうは改行少なめです 
※なろう版のみ挿絵あり 
※文字数は予約分を含みます

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

764,789

評価pt

76

最終更新日

2021年06月19日 07時00分

掲載日

2021年04月01日 07時00分

この作家の更新小説