勇者が世界をただ救うのはもう古い。時代は、いかに迅速に、的確に、華麗に世界を救えるかを競い合う段階になっていた! しかし彼らの行く手を阻む者は数知れない。奇襲してくる魔王、重たすぎるコイン、ふらつく足元(ガバコン)、オリジナルチャートの誘惑、不運(ハードラック)、予期せぬバグ、鎖マン……それら厄災から来るガバにもめげず、今日も走者たちは世界を救うために駆けていく。ある者は人間をやめ、ある者は走りながら睡眠をとり、ある者はペットボトルを手に持ち……目指すはただひたすらに最速の自分、最強の自己! 栄光の「完走した感想」はすぐそこにある!
これは、そんな魑魅魍魎の世界に入門した、ある新人の戦いの記録である……!

ジャンル

ファンタジー

作家

伊瀬ネキセ

キーワード
ブックマーク登録

3

文字数

320,086

評価pt

5

最終更新日

2021年04月20日 11時45分

掲載日

2021年04月05日 18時04分

この作家の更新小説