掠奪・拉致・蹂躙。圧倒的な戦力であらゆる限りの悪逆に手を染め、世界中を恐怖の渦に沈めた史上最悪の魔導集団 『潜影衆(エレフ・セリア)』。
しかし悪行謳歌の絶頂を迎えていたその年。彼らは突如として組織解散を果たすこととなる。
原因不明の潜影衆の完全解散を機に、各方の燻っていた諸悪達が世に蔓延り始める、所謂『空白の十年』が幕を開け、世界は再び混沌へと苛まれる。

元潜影衆のメンバーであるその男は組織解散の後、安定した魔法職に就き家族を養うべく、魔導士・魔戦士育成に特化した魔法学院に入学する。
しかしその男、魔法はおろか魔力のコントロールすらできず、持ち前の体術のみで成績を磨いてゆくこととなる。

自身の素性を隠し、家族の安寧の為に尽力する男だが、その影に不穏の嵐が差し迫る。

文字数

8,273

評価pt

0

最終更新日

2021年04月08日 12時39分

掲載日

2021年04月02日 16時25分

この作家の更新小説