某SNSで『クソ親がほんとさっさと死ねば良いのに……ってことで今漫画喫茶に来てます。お金的にも暫くはここで暮らせそうかな』と呟く仲の良いフォロワーが居た。

 漫画喫茶で1人ってのは心配だなと思いリプを送る。
 それからやり取りしていくとなぜかルームシェアする方向に話が流れて、次の日合流することになった。

 部屋の整理をしつつフォロワーを迎えに行くが中々来ない。
 目の前に居るのは可愛い女性だけ。

 騙されちゃったのかななんて思っていると彼女の口から俺が待っているフォロワーのハンドルネームが出てきた。
 なんと俺がルームシェアをしようとしていた相手はこの美女だったのだ。

 そんな見知らぬ可愛いフォロワーとルームシェアをするラブコメ。

ジャンル

恋愛

作家

漆田

キーワード
ブックマーク登録

3

文字数

14,258

評価pt

14

最終更新日

2021年04月09日 01時48分

掲載日

2021年04月08日 12時15分

この作家の更新小説