子爵家令嬢フレデリカは下級貴族出身でありながらも芸術に精通し政治が語れ、詩が読める優秀な令嬢だった。

しかし、社交界では保守的な男性からは疎まれていた。
男尊女卑が未だに根強い国では、女性が学問や政治に興味を持つ事ははしたないとされていたからだった。

特にフレデリカの婚約者のローガスは事あるごとに蔑んだ目を向け、親友の妹のアマンダと比較をしては蔑んで来た。

「淑女が学問をするなどはしたない。少しはアマンダを見習ったらどうだ」

男爵令嬢のアマンダは妖艶な容姿で社交界では有名だった。
対するフレデリカは社交界で地味令嬢と言われ馬鹿にされていた。

「お前さえいなければ俺はこんな惨めな思いをする必要はなかったんだ!」

事あるごとに自分は犠牲になったとフレデリカを責めるローガスについに耐え切れなくなったフレデリカは婚約解消を考えていた矢先、王命により婚約が解消されると告げられた。

ローガスは両手を上げて喜んだのだが、婚約解消には裏があることを知らなかった。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

ユウ

キーワード
ブックマーク登録

2,845

文字数

54,760

評価pt

1,183,058

最終更新日

2021年05月30日 12時54分

掲載日

2021年04月29日 00時45分

この作家の更新小説