学園の卒業パーティ。
傲慢で我儘と噂される私には、婚約者である王太子殿下からドレスが贈られることもなく、エスコートもない…

そして会場では冤罪による婚約破棄を突きつけられる。
味方なんて誰も居ない…

そんな中、私を助け出してくれたのは、帝国の皇帝陛下だった!?


*****
HOTランキング入りありがとうございます

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

くるは りり

キーワード
ブックマーク登録

6,411

文字数

19,514

評価pt

801,472

最終更新日

2021年05月08日 10時00分

掲載日

2021年04月29日 10時00分

この作家の更新小説