侯爵令嬢のエルフィアは、同じく侯爵家の令息であるルグアと婚約していた。
婚約者のルグアは、大人しい性格である。人から嫌味を言われても、へらへらしているだけで、何も言い返さないのだ。

そんな婚約者の性格を、エルフィアはあまり快く思っていなかった。
もちろん、穏やかなのは悪いことではない。しかし、穏やか過ぎるのはよくないと思っているのだ。

そのため、エルフィアはルグアを矯正することにした。
強い貴族になってもらうために、彼を指導することを決めたのである。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

木山楽斗

キーワード
ブックマーク登録

53

文字数

10,082

評価pt

5,897

最終更新日

2021年05月07日 22時01分

掲載日

2021年05月04日 19時01分

この作家の更新小説