公爵令嬢リーデハルトは見た目こそ儚げで華奢だが、その実かなりのぐーたら娘だった。
社交界での言葉遊びや腹の探り合いに辟易した彼女は、自身を病弱だと偽り、引きこもりの生活を送るようになった。
だけどそんなある日、彼女はひょんなことからこの国の第一王子であるユーリアスと婚約することになった。ユーリアスはなんちゃって病弱なリーデハルトとは違い、本物の病弱である。

お互いの利害が一致したがための婚姻であったため、てっきり白い結婚になるだろうとリーデハルトは思っていたけれど。

R18→*

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

その他

作家

ごろごろみかん。

ブックマーク登録

767

文字数

39,258

評価pt

2,118

最終更新日

2021年05月08日 15時13分

掲載日

2021年05月04日 19時04分

この作家の更新小説