異世界に転生してしまった元宮司兼料理人の天目翔は第五王子エルロイ・ノルガードとして生を受けた。
前世の記憶をもとに、神童として名をあげたエルロイだが、逆に兄たちに警戒され嫌がらせや誹謗中傷を受けて孤立してしまう。
その結果、野垂れ死に確定と言われる辺境ウロボロスラントへ追放されることに。
しかし王宮のしがらみから解放されたエルロイは、むしろ喜んで辺境を自分だけの王国に改革していくのだが、なぜかそこにはかつて仲良くしていた兄の妻たちが助けを求めて次々とやってくるのだった。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

高見 梁川

キーワード
ブックマーク登録

9,926

文字数

127,342

評価pt

39,726

最終更新日

2021年06月19日 08時00分

掲載日

2021年05月16日 10時00分

この作家の更新小説