各地に魔王が蔓延る世界。
〈勇者村〉ことウレイブには、「成人した者は魔王を倒す勇者になる」というしきたりがある。
自身の能力の低さを棚に上げ、魔王を倒す意義が持てずにいた勇者見習いの少年ティジーは、ある日、魔王と旅する先輩勇者を見て本格的に魔王は倒すべき存在なのか悩みだす。
そんな中、勇者見習いたちは勇者になるための〈成人の儀〉に半ば強制的に挑むのだったが……。

さて、問題。魔王は悪だが、魔王を倒す勇者は果たして正義だろうか?
これは魔王を倒さない勇者=不労勇者を目指そうとしている、ただの少年の物語。


※旧題→勇者村の不労少年
※◆は末尾に画像(挿絵)あります
※2021/06/28 一章完結

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

安堂C茸

キーワード
ブックマーク登録

8

文字数

290,190

評価pt

44

最終更新日

2021年09月27日 13時16分

掲載日

2021年05月21日 21時00分

この作家の更新小説