三吉。
七歳。
将来について、寺子屋で相談したら、今時職業百珍なる本をもらった。
うちは長屋住まいの庶民。
父は職人、母は和菓子屋の売り子。
受け継ぐものもない身では、自分の人生の人生は自分で切り開かなくては。
まずは本を参考に体験してみよう。、

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

歴史

作家

たかはし はしたか

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

4,179

評価pt

896

最終更新日

2021年06月15日 06時10分

掲載日

2021年05月23日 01時16分

この作家の更新小説