ーー私は、一年前に殺した婚約者のことを陥れた時雨伯父上を探している。

 宇宙界きっての大国、ナルス。
 ナルスは、双子の長によって建国された。
 しかし、臣下の手によって初代の双子の長は不遇の死を遂げる。

 今では大国に成長したナルスの次代長の候補、朱己(しゅき)。
 代々長(おさ)には魂の核(センナ)を生み出す力、破壊する力が受け継がれており、次代長候補である朱己も現在の長である父・壮透(そうとう)から授かる。
 ときを同じくして、朱己の側近である婚約者が伯父の謀略に嵌まり、朱己へ刃を向けた。婚約者を止めようと試みるも、止めることができず、自らの手で彼のセンナを砕き、処刑した。
 婚約者を失ったことによる深い心の傷を抱え、朱己は心の壁を厚くしていく。

 婚約者の処刑から一年程経った頃、仇敵である伯父と遭遇するも取り逃し、次の側近を決めろと父から通告されるが、心の整理が追いつかずにいた。
 民からの密告で怪しい者が居ると報告を受け、視察するという名目で人間界に降りると、そこには人間から迫害されている霊獣夫婦がいたーー。

 婚約者を陥れた伯父上の目的とはなんなのか?
 一国の長として、本当に必要なものとは何か?

 日々葛藤しながら傷つきながら、再び周りを信じていくことができるのか、もがきながら生きていく異世界ファンタジー。

 異能力によって繰り広げられる愛憎と戦闘の物語がお好きな方は是非御手にとってご覧ください。


※この作品は、アルファポリス様にも掲載しています。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

335,451

評価pt

30

最終更新日

2021年11月29日 09時00分

掲載日

2021年05月28日 04時06分

この作家の更新小説

  • 明日には消える手のひら 弦景真朱

    悲恋、死別を詩にしてみました。気ままに短編(詩含む)を連ねていきたいと思ってます。

  • 人形 弦景真朱

    詩 第二弾です。普段社会人生活をしている中で見えた風景を詩にしてみました。

  • 黄り泉ち酒場ーよりみちさかばー 弦景真朱

     生前、心残りがあるまま生を終えてしまった者の前にだけ現れる居酒屋があるというーー。「おれ、死んだのか……」 死した者が等しく皆訪れる、あの世。 そして、あの世へ行くために通る三途の川。 川を渡ると...

  • 弦景真朱

    もうしばらく会っていない人、もう二度と会えない人、存在だけはいつまでも忘れることはないけれど声はいつの間にか思い出せなくなる、私を呼ぶ優しいあなたの声までも、段々と忘れてしまうのだ。忘れてしまうこ...

  • 波のまにまに 弦景真朱

    ーー九月、一人の老人が死んだ。私の大好きな祖父だ。 実話をもとにした、短編小説です。 遺された私は、ただ受けいれるしかない。

  • 君のせい 弦景真朱

    君のことが忘れられないのは、君のせいだ。君が幸せになるなら、忘れたっていい。でも本当は、本当は。