「つーか、何で俺が序盤で主人公にやられるクソザコモブ扱いなんだよ……」

 国内有数の学校“国立アレイスター学園”への入学を明日に控え、ノリで自分の名前である“望月ヨーヘイ”をエゴサした結果、偶然見つけた『攻略まとめサイト』で自分がゲームの最序盤で主人公にやられるザコキャラ設定であることを知った。

 というか、ここがゲームの世界? そんな訳ねーだろ! しかも俺は、世界でも一万人に一人しかいない“精霊(ガイスト)”使いなんだ! いわばエリート中のエリートなんだよ!

 ということで、俺は『まとめサイト』を無視して入学式を迎えるんだけど……。

 『まとめサイト』にあった通り、同じクラスになり、同じ名前と容姿のヒロインや仲間候補がいて、同じ担任の先生になった。

 ここまで来ると、さすがに俺も認めるしかない。
 ここはゲームの世界で、俺達はそのゲームのキャラクターなんだと。

 ということは、俺は本当に『主人公が転校した時に真っ先に絡んでくるクソザコモブ』なのか!?
 いや、そんなの認めない! だったら……!

「[ゴブ美]……俺達は強くなるぞ! 強くなって、あのクラスの連中を全員見返して、そして……!」

 夏休み明けには、このゲームの主人公が学園に転校してくる。
 その前に。

「この俺が、その主人公を逆に返り討ちにしてやるよ!」

 これは、ゲームのザコキャラとしての運命に抗う男と、そんな男に使役される醜いゴブリンのような精霊(ガイスト)の、共に最強を目指す物語。

※小説家になろうでも連載しています。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

404,811

評価pt

829

最終更新日

2021年07月26日 08時00分

掲載日

2021年05月28日 19時21分

この作家の更新小説