私×幼馴染×第1王子×S級冒険者
「誠に申し訳ございません。貴女と婚約を交わすことは出来ません」
「わ、わ、分かったわ」

 ラグランド王国の公爵令嬢。エリス・アルローゼは十六歳になっても誰とも婚約を果たせていなかった。ましてや十回以上も婚約を断られるというとんでもない記録までたたき出してしまったのだ。
 普通なら令嬢たちは十五歳になるまでには殿方たちと婚約している。公爵令嬢にもなる私が婚約できていないとなると恥でしかないのだ。
 それに加えて…………

「またエリス様はフラれちゃったんですか? 昔から相変わらずですね」 

 毎度毎度のこと幼馴染の公爵令息のキール・アルバートが私を煽りに煽ってくる。
 こうしてストレスを溜めに溜めまくった私は何かストレス解消法がないか模索していた。
 そこで見つけたのが…………

「死ねやおらああああああああああぁぁぁぁぁ!」

 そう。ダンジョン攻略である。
 こっそりダンジョンに一人で潜ってボスモンスターに八つ当たりをするのだ。
 堅苦しい言葉遣いや、行動をしなくて済むため、私はとてもストレスを解消できていた。
 しかし、それもつかの間…………

「エリス様。俺とお付き合いしていただけないでしょうか」
「……………………はにゃ?」

 なんとダンジョン内で出くわしたこの国の英雄であるS級冒険者に目をつけられ…………

「君があの公爵家のエリスか…………」
「だ、第一王子!? わ、私に何用でしょうか?」

 振られまくったことが噂になったのか第一王子にまで目をつけられ…………

 これは一人の公爵令嬢が紡ぐ、振られに振られまくった公爵令嬢の末路である。


*この作品は作者の書きたい願望を詰め込みまくった作品です。
 ざまぁにチートに逆ハーレム…………etc

 

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

74,237

評価pt

47,552

最終更新日

2021年06月25日 20時47分

掲載日

2021年05月29日 06時17分

この作家の更新小説