侯爵の娘のユリスは行儀見習いとして神殿に2年入ることが決まっていた。幼馴染の婚約者、闇魔法使いのジルと口づけを交わし、2年後の再会を誓い合ったが……。
聖女候補に選ばれた彼女は、次の聖女に認定され、生涯を神殿に捧げ、神に祈り続けるようと言われてしまった。一緒に逃げようとジルが魔法を使い会いに来て、彼と一緒に逃げ出したが……。
辺境で追手につかまった二人は、前代の聖女が死んだ途端、家族がはやり病におかされ、生命さえ危ういこと、地震や水害が国を襲い、国が滅亡に向かったことを聞かされた。悪役令嬢、あなたはどうしたい?そう尋ねられ、愛する人の生命を助けるためにユリスが決意したこととは?

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

3,441

評価pt

0

最終更新日

2021年06月02日 16時07分

掲載日

2021年06月02日 15時21分

この作家の更新小説